大田区勤労者共済について

大田区勤労者共済(以下「当会」)は、相互扶助の精神により、会員・大田区・共済会の三位一体で、中小企業の勤労者福祉サービスを運営するしくみです。全国自治体の多くに同様のしくみがあり、大田区では、公益財団法人大田区産業振興協会が共済会(事務局)を担っています。 

当会では、慶弔見舞金の給付や各種福利厚生サービスなど、会員の皆様が家族とともに心豊かな生活を送り、安心して働けるための事業を行っています。

経費の一部を大田区からの補助金により運営しており、大田区を始め諸官庁の指導・支援を受けていますので、運営内容・財務内容ともに健全で良好です。

会員資格

下記いずれかに該当する方

  1. 大田区内の工場・商店・事務所などの中小企業 で働く事業主と従業員
  2. 大田区内に居住し、区外の中小企業 で働く従業員 (個人会員として入会いただけます。)

※中小企業とは

業種 製造業 卸売業 小売業 サービス業
従業員数 300人以下 100人以下 50人以下 100人以下
資 本 金 3億円以下 1億円以下 5,000万円以下 5,000万円以下

入会できない方

  1. 期間が概ね6ヶ月以下と定めて雇用されている方。または、季節的業務に雇用されている方。
  2. 入会時に14日以上休業もしくは休業を要すると診断されている方。

入会後に除名の対象となる行為

  1. 会費を督促した日から3ヶ月以上経過し、引続き納入の見込みがないと認められるとき。
  2. 当会事業を妨げる行為をしたとき。
  3. 当会事業から利益を受けようとしたとき、又は受けたとき。
  4. 当会の信用を失わしめる行為をしたとき。

手厚い給付金・サービスもりだくさん

  1. 結婚やお子様の出生・入学などの祝金や、もしもの際の見舞金・弔慰金など手厚い給付が受けられます。
  2. レジャー、旅行、食事、スポーツ、展覧会、コンサートなど多様な福利厚生サービスをお得に利用できます。
    ※チケット類は窓口のほか、郵送することもできます。(郵送の際は料金を郵便振込でお支払いください。

会費

入会金 入会金  会員 1 人につき 200 円(入会時のみ)
会費 会員 1 人につき月額 500 円
  • 事業主・従業員の負担割合は各事業所内でご相談ください。なお、事業主が負担した入会金・会費は、損金または必要経費として、税金の控除対象とすることができます。
  • 指定金融機関の口座から3ヶ月分を前納で自動引落させていただきます。

規程

「公益財団法人大田区産業振興協会 勤労者共済事業実施規程[H28年4月1日改定](PDF 328KB)」はこちら

入会の問合せ・申込み

入会をご希望の方は、大田区勤労者共済事務局までご連絡いただくか、ご入会手続きをご覧ください。

詳しい説明をご希望の場合は、係員が伺います。

地域型産業推進課 勤労者共済担当
特集
事業紹介
PAGE TOP